★白老牛

白老牛の歴史は、島根県より、昭和29年道内では初めての黒毛和種肉牛44頭を
導入したのがはじまりと され、現在では北海道を代表する黒毛和牛の生産地。
昭和31年、「白老牛」の命名がされた。
神戸、松坂牛をしのぐおいしさと定評のある”白老牛”は、
キメ細かな霜降りが自慢の高級牛肉です。

牛肉のマメ話

◎さし(脂肪交雑)

一般に、霜降り肉が美味しいと言われますよね?この霜降りというのは筋肉の中にある脂肪のことです。
ズバリその筋肉の中の脂肪のことを”さし”と言います。そのさしが網の目状になることを霜降りと言っています。
(皮下脂肪とは違いますよ! )

◎和牛の秘密

なぜ和牛は輸入牛より美味しいのでしょうか?
それは、脂肪の旨さにあります!和牛の脂肪は融点が低く、口のなかでトロけるような食感が得られます。
さらに、肉の保水性風味、香味も輸入牛に勝っています。
(肉の保水性:焼いた時に縮まない!)

(株)牛の里       

(有)前田畜産 レストランカウベル


白老牛の店いわさき


★虎杖浜たらこ

白老牛と同様白老を代表する特産品であり、
全国的に高い評価を得ている「虎杖浜たらこ」。
白老の前浜でと れた”スケトウダラ”を原料に地元で加工された「虎杖浜たらこ」は絶品です。

たらこの話

たらことは、スケトウダラの卵です。ちなみにオスはタチがとれます。
たらこ漁は、 10月から3月の間白老前浜で漁が行われます。特に真冬のたらこは完熟子と言い
たらこに加工するには最高の状態になります。

たらこはビタミン、タンパク質が豊富に含まれています。
特に、ビタミンE、それに ビタミンB1、B2も含まれています。

ビタミンEは、抗酸化作用に血行をよくする作用があります。肩こりや冷え性に良いですね!
ビタミンB1は 糖質をエネルギーにする働きがあるので激しい運動や、筋肉の疲労を助けます。
さらに、脳や神経のエネルギーににもなるので精神安定にもつながります!
ビタミンB2は、脂肪を分解します!それに、皮膚やツメ、髪を作ります。

タンパク質は、20種類のアミノ酸からできていて生命活動に必要不可欠な栄養素です!

カネシメ松田水産

糾洛エ水産

竹丸渋谷水産